>>都会のくらし 編 >>農村のくらし 編

商品名

昭和30年代の日本・家族の生活  都会の子どもたち編

製 作

記録映画社 桜映画社 日本映画新社 (共同企画製作)

都会の子どもたち 編
価格(税込)

¥6,000 (本体\5715 + 税5%)

体 様

[カラー/モノクロ] 収録時間:142min.
音声:日本語:ステレオ/モノラル
(スタンダードサイズ 片面2層)

特 典

当時のニュース映画、現在の風景

JANコード

4523215015721

説明

[概要]
 敗戦の混乱から這い出したばかりの昭和30年代の日本の姿を、
 ニュース映画から当時の出来事を振り返り、
 また短編映画で都市と農村の生活を懐かしむ内容の3巻構成。
 ※本DVDは、3巻構成のうちの1巻です。

【収録作品】


おやつ

「おやつ」(昭和30年)
東京の下町。貧しいながらも自由だった子どもたち。駄菓子屋、紙芝居屋に
群がる当時の子どもたちの夢や生活が生き生きと描かれている。

 

■ニュース映画:昭和30年のニュースから「明るい3つの門出」
  (地方からの集団就職)
■付録:東京都 江東区深川の現在


お姉さんといっしょ

「お姉さんといっしょ」(昭和31年)
トニー谷をはじめ、芸達者な役者陣に交じり、5歳タッチャン大活躍。
普遍的な家族愛が評価されベネチア国際映画祭でグランプリ受賞。

 

■ニュース映画:「住宅」(団地生活のスタート)
■付録:東京都 新宿区中井の現在


赤ちゃんの意見

「赤ちゃんの意見」(昭和36年)
1歳になられた浩宮さまがひとり立ちする貴重な映像をはじめ、貸しオムツや
団地内の私設託児所など当時の出産から育児にまつわる話題を紹介。

 

■ニュース映画:「ワクチンが欲しい!」(小児麻痺が全国大流行)
■付録:東京郊外の産院の現在


遊び場のない子どもたち

「遊び場のない子どもたち」(昭和39年)
遊び場を奪われた都会の子どもたち。それでも、様々な工夫をして
エネルギッシュに遊ぶ!今はなき東京球場に侵入したり・・・。
解説は牟田悌三。

 

■ニュース映画:五輪の新動脈
  (高速道路、新幹線、東京オリンピック準備最後の追込み)
■付録:東京都 荒川区西日暮里の現在


◆ ご注文はこちらへ ◆

桜映画社Webサイトへ 日本映画新社Webサイトへ 日本文教出版Webサイトへ